2014年02月06日

『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』 イグザード最終ロケーションテスト所感の記事から

■『Guilty Gear Xrd -SIGN-』 最終ロケーションテスト所感■

 2014年2月3日から東京のいくつかのアーケードで行われている、Guilty Gear Xrd -SIGN-の最終ロケーションテストの記事から翻訳しています。

 ストーリィやボス、各キャラクターのエンディングにやや踏み込んだ言及もありますので、まだ詳しい内容を知りたくないという方は読まれないほうがよいかもしれません。(以下敬称略)



■GGXrd最終ロケーションテスト所感を紹介するSRK記事から
Early Impressions from Arc System Work’s February Guilty Gear Xrd -SIGN- Location Tests
投稿日:2014/02/04

 知っている人も多いかと思うが、現在、Arc System WorksがGuilty Gear Xrd -SIGN-のロケーションテスト、新ラウンドを日本で開催している。前回までと同様に、DustloopのGuilty Gearコミュニティの熱心な仲間達が、自身の抱いた印象の投稿、あるいは日本のプレイヤー達の所感を翻訳する活動を続けている。

 まずは、新搭載されたいくつかのモードについて、FinalUltimaによるメモを引用する。


▽スパーリングモード
●最長7分。(必殺技の固定演出、K.O.アニメーション、VS画面、メニュー画面の呼び出し――時間はこれらの間も継続してカウントされる)

●スタートボタンでメニューを呼び出し、いくつかの選択が行える。
 ・対戦相手の選択。
 ・CPUレベルの変更。
 ・誰かが挑戦してきた際のゲームの挙動の変更。

●体力とテンションの調整はできない。リセットするには相手を倒す必要がある。


▽M.O.Mモード
●このモードでは、スタートボタンでスキルとアイテムの使用を行う。

●5、2、6または4+スタートボタンでアイテムを設定すると、それに対応した行動によってアイテムの使用が可能。

●スキルとアイテムは対戦相手を倒すことで入手できる。


 次に、テストでスレイヤーをプレイしたMebaroによる感想をいくつか引用しよう。

▽スレイヤー
●前ダッシュは2種類:通常ダッシュと長距離ダッシュ(二つ目の6を入れっぱなしで)、長距離ダッシュの方が硬直が長いように感じられた。

●ダンディHS派生:クリーンヒットでしゃがみ強制、カウンターヒットで打ち上げ。しゃがみ状態の相手に至近距離で使った場合は、相手を跳び越えて裏落ちになる(立ち状態の相手にも裏落ちするのかどうかは未確認)。裏落ちしたくない場合は早めに行えばいい。ヒット後、自キャラは空中判定となり、クリーンヒット後はいかなるコンボにも繋げられないようで、どういうわけかたった一度だけベッドマン相手にj.HSでコンボが繋がったが、それ以外は何度試しても不可能だった。

●AC、または+Rのリンクはどれもできない。

●6K:どうにかして何らかのコンボに繋ごうとしたが、無理だった。

●吸血:ループは削除された模様、ただしRCは可能。

●j.D:AC+Rと同じく、空中ヒットでノックダウン。

●5K:5K→6HSが可能。コンボにはならないが、相手がしゃがみ状態の場合、もしくは5Kがカウンターヒットの場合はコンボに行けると思う。断言はできない。

●コンボ:派手さのない通常コンボのいくつかは実行できた。

●近S→遠S→近S→2D(RC)→PダンディK→6Kから空中コンボ

●空中コンボ:1-j.K>→j.S→j.K→jc.K→j.S→j.D

●2-j.K→j.6K→j.K→jc.K→j.D→214K

●一撃必殺技:旧一撃と同じだが、発生アニメーションは彼の5D。

●物語:(私はごく基本的な日本語しかわからないため、誤りがあるかもしれない)イントロで手紙を読みながら妻に話しかけるスレイヤー、ザトー=ONEについて触れ、どうやら彼の居場所を捜しているらしい。最終ボスはザトー=ONE。エンディングでは、スレイヤーとザトー=ONEが一緒に紅茶を飲みながら話をする、そしてエディ(でいいのだろうか? だと思うのだが)がかつてのザトー=ONEの人となりをスレイヤーに尋ねていた。


 Mebaroはプレイ不可のボス、ラムレザル・ヴァレンタインについての情報をいくつか提供している。

●彼女は二匹の小さな怪物(GG2のヴァレンタインのお供の風船お化けみたいな奴)を従え、一匹は黒、もう一匹は白、それぞれが大剣を携えている。彼女のダッシュはBBCPのアズラエルに似ていて、剣を飛ばしたり、異なる位置に配置したりできる。思うに、それぞれを個別に操作したり、両方を飛ばして剣無しモードになったりできるんじゃないだろうか、単剣モードや無手モード時に彼女の必殺技がどうなるのかはよくわからないけれど。俺は彼女に、BBのライチと似たものを感じた。

●彼女はソルとカイの最終ボスとして登場、彼らのエンディングでは、彼女の前に身構えた状態で立つソルとカイの擬似立会い画面、そして彼らの後ろには同じく身構えているシンの姿も見ることができる――彼の外見はGG2:Overtureと同じだ。


 続いて、日本のプレイヤー、フィーノによるヴェノムのいくつかの感想をRonoveが英訳しているので、紹介する。
 (訳者注:以降の情報は、Twitterを中心にロケテスト参加プレイヤー間で交わされた情報を、有志が収集・英訳してまとめたもののようです。念のため調べられる範囲で引用元と思われる記述も確認し、すこし意味が乖離しているものも見受けられましたが、記事では書かれた表現をそのまま訳しています。多くは検索で出てくると思いますので、興味のある方は引用元に当たられた方が正確です)

▽ヴェノム
●2Dは短い。

●ボール配置は従来どおり。

●ビショップ[*1]に変化なし。

●空中投げ、地上投げ、どちらからも容易にコンボに持ち込める。6HSも同じく。

●ヴェノムはテレポート[*2]から二段ジャンプできないものの、代わりに反転できる、たとえ対戦相手の背後にいる場合でも。

●カーカスとスティンガー[*3]、どちらも被ガード時の有利フレームは少なく、足払いは短い、従って対戦相手がプレッシャーから抜け出すのは容易い。

●5HSからQVには繋げられないが、Sモービット[*4]は地上の相手をノックダウンさせるようだ。しかし有利フレームがないため、ほとんどの場合、そこから再行動を起こすことはできそうもない。

●ビショップランアウトについての彼の発言は意味を理解しかねている……、あの技は空中でも使えると言っているのか、もしくは対戦相手を浮かせるという意味だろうか? 申し訳ない、これは曖昧だ:\[*5]

●彼のテレポートは使っていて楽しい。

 (訳者注:[*1]ビショップランアウト/一定時間ヒットしても消えない球を生成する新覚醒必殺技。
 [*2]瞬間移動/ボールを生成している場合、最初に生成した球の上に転移する技。生成転移。
 [*3]カーカスライド/ボールを縦方向に撞く必殺技。スティンガーエイム/ボールを真横に撞く必殺技。
 [*4]ダブルヘッドモービット/キューを回転させながら突進する必殺技。
 [*5]元の記述は、「ビショップランアウト空気。」でした。そのまま訳すと “Bishop Runout is air.” になってしまいますが、つまり “Bishop Runout is almost useless.” という感じかなと思います)


 一方、Zinacはイノの一撃必殺技についての情報を投稿した。

▽イノ
●彼女の一撃は、GGXXシリーズのボス・イノの必殺技。


 最後に、xlolxlolxが変更点を長いリストにまとめている、特にカイについての覚え書きが多数。

▽ザトー=ONE
●S及びHSドリル>影溜まり>伸びる“nobiru”コンボは、通常ヒットからでも繋がり、Sドリル>6Pも機能した。(訳者注:“nobiru”伸びる≫エディ召喚中の「対空攻撃」のこと)

●今回の低空ギャラリー2段目ヒットは、画面中央ならノックダウン、画面端なら壁バウンドになっている、そのため再度打ち上げて[伸びる>低空ギャラリー]を2周繰り返したり、そこからドリルを使ったガード不能のセットアップに持ち込むといった芸当はもはやできない。けれども、低空ギャラリー>j.K>j.H>j.D, Sドリル>低空ギャラリーは画面端でミリアに対して確認済。2HS>5Dが新ガトリング。アーケードモードの最終ボスはヴァレンタイン。


▽スレイヤー
●CH j.HSは浮かせ無し、CHイッツレイトに浮かせ有り。CHイッツレイト>6HS>パイルバンカー>RC>6HS>パイルバンカー(ピヨる)、6HS>パイルバンカー>SLASH!(古き良きスレイヤー哉)。

●吸血から吸血へは一切コンボできないようだが、気絶値は高く、6〜7吸血でピヨる。


▽メイ
●CH6P>6P>近S>5HS>何かではスタンせず。オーバーヘッド・キッスのコマンドが63214から632146に変更された(これに関しては嘆きの声多数)。

●CH6P>6P>近S>5HS>何かではピヨらなかった。
 (訳者注:“CH”は「カウンターヒット」の略)


▽ミリア
●クローミングローズの発生が遅くなった。新しい6HSの2ヒット技の2段目は上段。アーケードモードの最終ボスはザトー。

●2HSとj.Dの受身不能時間が減少、HSディスク“disc”は発生が長くなり持続が減少した可能性有り。j.HSはヒット時の押し返し“knockback”が大きい。

 (訳者注:クローミングローズ/ミリアの移動に付随して攻撃判定を持つ花を設置する新覚醒必殺技。
 disc≫髪を振りかざして緑色の円盤を出現させる必殺技「タンデムトップ」のこと)


▽ファウスト
●アーケードモードの最終ボスはザトー。


▽ポチョ
●ダスト>前打ち上げ>ハンマーフォールが画面端で可能、6K空中ヒットで壁張り付け?


▽ソル
●DIタイランレイブの削りダメージが減少、相手がソルだと生DIタイランレイブで6割減る。


▽ベッドマン
●2S>足払いが消え、2HSの受身不能時間が減少、ヘミジャックの発生(硬直も?)が長くなり、タスクB>ヘミジャックはヴォルカニックヴァイパーで簡単に潰される。5HSの射程が拡張、タスクBのヒット数が減少、タスクA弱化(具体的には明記されていない)、アーケードモードの最終ボスはヴァレンタイン。


▽カイ
●6Kは必殺技キャンセル可能。

●グリードセバー空中ヒットで、長い受身不能地上バウンドをもたらす。

●スプリットシエル地上ヒットによろけ効果。

●シエル空中ヒット時のスライドダウンは削除。

●DCセイクリッドエッジ空中ヒットは壁張り付け時間が減少。

●DCセイクリッドエッジは、ポチョを除いてダウン中の相手にヒットしなくなった。

●遠S>3HSが、しゃがみに対してコンボになる。

●コンボをいくつか:
 ・6HS(2ヒット)>近S>遠S>3HS>GS>j.S>dj.S>j.HS>HSVT
 ・5D>前派生>6HS>6HS>近S>遠S>3HS>GS>j.S>j.HS>HSVT
 ・近S or 5HS>6K>シエル>2D>DCセイクリッドエッジ>2HS(2ヒット)>空中コンボで、約6割。シエルのよろけ硬直のスリップリカバリについては不詳。

●GSにめくり判定無し。

●近S>6Kループ無し。

●CH5HSによろけ効果がなくなり、通常の長いヒット硬直に。

●CH6Pに打ち上げと押し返し効果がなくなり、通常の長いヒット硬直に。

●近Sと5HSからGSへは繋がらない。

●GSを空中ヒットさせた場合、本当に高々と打ち上げられるため、追撃するには自分もハイジャンプして追いかけなければならない。

●空中RTLによる壁張り付け時間は短い。

●強化チャージスタンエッジ“DC CSE”は今回6ヒットのみ。

●しかし、CH SVT>近S>2HS>j.S>dj.S>j.HS>HSVTでザトーは5割減る。

 (訳者注:略称は以下の通り≫“GS”= Greed Server「グリードセバー」。“DC”= Durandal Call「デュランダルコール」。“VT”= Vapor Thrust「ヴェイパースラスト」。“RTL”= Ride the Lightning「ライド・ザ・ライトニング」。“CSE”= Charged Stun Edge「チャージスタンエッジ」。
 デュランダルコールは、設置した「グラインダー」に飛び道具を当てることで性能を強化する技。
 Slip Recovery≫よろけ復帰速度の設定。ここではいわゆる「レバガチャ」を指すものと思います)


 彼らはラムレザル・ヴァレンタインに関する覚え書きも提供している。

●ヴァレンタインは、日本でメイのステージ8の敵として登場する。

●ヴァレンタインの印象:茶白色の髪に白いマント、刀の柄と拳銃の銃把がくっ付いたような見た目の大剣が二振り、両肩の後ろに浮遊していて、黒と白の小さな球体も彼女の周りに浮かんでいる。

●ゲームプレイ:ステップ型ダッシュ、攻撃は主に浮遊剣で行い、足やマントの裾を牙のように変える攻撃もいくつか有する。コンボに持ち込めるコマンド投げらしきものもあり、覚醒必殺技は3種類。

●覚醒必殺技:其の1)突進/体当たり攻撃。其の2)浮遊剣が水平方向に回転(メモ:空中ヒット時にすぐさま受身を取らなければ、ダウン追い討ちとなって52ヒットする)。其の3)ガンマレイ風の覚必、約3秒間溜めがある。


 現在開催中のロケーションテストは今週いっぱいをもって終了するため、より詳しい情報や感想に今後も注目してほしい。

 引用元:FinalUltima, Mebaro (1, 2), Ronove, Zinac, xlolxlolx (1, 2, 3, 4, 5)



 以上です。

 これまでもロケテストの記事を採り上げていますが、当然テストなので、過去記事や当記事で言及されている技やキャラクターの性能は暫定的なものです。加えて「日本語→英語→日本語」の迂回を経ている文章も多いので、正確な情報はそれぞれ原文や引用元を確認されることをお勧めします。表現としておかしなところがあればご指摘下さい。
 今回は元になったと思われる日本語の書き込みとある程度見比べながら訳すことができたので、普段、口語や格闘ゲーム用語の慣用表現で頻繁に「?」と立ち止まってしまう身として参考になるところも多く、短いながら面白かったです。

 関連記事|
- 『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』(ギルティギア イグザード サイン)
イノ、アクセル、ファウスト、スレイヤー公開 第2回ロケーションテストの記事から

- 『GUILTY GEAR Xrd』 ザトー、ベッドマン公開 第3回ロケーションテストの記事から
- 『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』 イグザード・アーケード版オープニング動画から

【GG―最新記事】
posted by trfgs | edit / co | Comment(1) | GG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海外のギルティ勢の情熱はヤバすぎるね
まだ稼働していないというのにもうここまで情報が伝達されているとは
Posted by emanon at 2014年02月25日 14:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

TOPに移動▽
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。