2013年07月12日

Gostunv UMvC3野試合 PR Balrog、Justin Wong、ネモ、クソル選手の動画から

■Gostunv UMvC3野試合 PR Balrog/Justin Wong/ネモ/クソル■

 2013年7月7日に、格闘ゲーム配信番組Gostunvにて行われたUMvC3の試合動画からコメントを翻訳しています。
 それぞれのチーム構成は以下の通りです。

 Justin Wong[ウルヴァリン/ストーム/豪鬼]
 PR Balrog[ウルヴァリン/Dr.ドゥーム/バージル]
 ネモ[ノヴァ/Dr.ストレンジ/スペンサー]
 クソル[ビューティフルジョー/フランク・ウェスト/ロケットラクーン]

 Justin Wong/PR Balrog両選手は、前日7月6日に行われた第3回Topangaチャリティカップに【EVIL GENIUS】チームのメンバーとして参加するために来日し、ブラックアイにて日本のUMvC3プレイヤーと対戦交流を行いました。(以下敬称略)



■Gostunv/15本先取戦 Justin Wong vs. ネモ

UMVC3 EG Justin Wong vs Nemo FT15
公開日: 2013/07/07


●アップロードありがとう。

●Justin Wongggg!

●これ以上ないくらい上々の結果だった。

●ストームは何度となく巻き返しを見せて、俺は上手いストームを見るのが大好きだよ、……誰もがバージルやスペンサーやドゥームなどの強キャラを使いたがるけれど。

●Justinが着てるシャツは超いけてる。

●実にお見事、ネモはいいプレイヤーだな。
 ネモを倒すにはアメリカで5本の指に入るプレイヤーが相手をしなければならないという事実が、彼の良さを端的に物語ってる。(+9)

●clutch!!!
 決めたぜ!!!

●あの瞬獄殺

●ロックマンXとSFのグラフィックを使ってるのに気づいたよ。あれ、すごくいいね。=p
 試合も素晴らしかった。ネモは本当に強いと思う。

●なんていい試合なんだ。

●あんなしょぼいチームを、あの水準でプレイできるJustinは凄い。(否定評多数)

 ●↑あれはSランクチームなんかではないけど、すごく良いチームだよ。ウルヴィはすごく強いし、ストームは優秀なDHCトリックを持ってる、そして豪鬼は大将として優れてる。
 まあその、ChrisGのチームとは比較にならないけど、でもやっぱり良いチーム。

 ●↑んー、ウルヴァリンと豪鬼は最上位キャラだろ? 馬鹿言っちゃいけない。(否定評多数)

  ●↑ウルヴァリンと豪鬼がか?(笑)

  ●↑じゃあなんでUltimate版になってから、みんながウル/豪鬼に見切りをつけたんだ?

  ●↑もしウル/豪鬼を最上位キャラだと考えてるのなら、君はマーヴェルというゲームをまっっっったく理解していない。(+6)

   ●↑無印マーヴェルならまだしもなぁ。

  ●↑豪鬼は最上位キャラじゃない。君は失念してるのかもしれないが、彼のアシストは弱化された。ウルヴィは上位キャラ。Jusitnはもっと相性の良い別のチームを使うこともできただろうけど。ストームが画面にクソを降らせようとする(訳者注:HC「アイスストーム」?)場面は見てて気持ちのいいものじゃなかった。あのチームは優秀……だけど他に遥かに良いチームがいるのは確か。

●最後の試合のネモは、肝心なところで出たミスがでか過ぎた。

●最終ラウンドのコンボミス!!!!

●アメリカ勢はブロックができる。日本勢はできない。この違いが核心的な因子と言える。

●この試合、Justinはミスがやけに多かった……、永久コンボは毎回落とすし、ミスの後ハッピーバースデイを喰らったりもしてた。

 ●↑誰にでも起こり得ることだよ、特にこういう精神的に疲れるゲームでは。だからこそ、その失敗を挽回する能力もまた重要になる。:)

●最後の試合の竜巻アシストからアイスストームに転換した場面は、俺が今まで見てきたUMvC3のなかで、いちばんMvC2っぽさを感じた。

●2:42- J.Wongマシンガン乱れ撃ち。

●Wong!

●誰かがJustinから14本も獲るなんて、もう長いこと見た憶えがない。ネモは間違いなく日本最高のマーヴェルプレイヤーだ。




■Gostunv/15本先取戦 PR Balrog vs. ネモ

UMVC3 EG PR Balrog vs Nemo FT15
公開日: 2013/07/07


●ナイス……Rogは最初は良かった、でも、いやはや、あのネモチームはまともじゃないわ……。

●めちゃくちゃ素晴らしい試合。ネモの見事な逆転。

●ネモは本物! 彼がEVOの8強に勝ち残ることを期待してる。

●ネモ、そしてあれらストレンジのルーーープ

●ネモの実力は紛れもない。ただネモやその他の日本のマーヴェルプレイヤー達が、モリドゥーム戦術にどんな風に立ち向かうのかは一見の価値がある。どう転んでも、あれとの対決は避けて通れないからな。

●マジか、あの1戦目のストレンジを使ってのネモの巻き返し。

●ネモ = 最高の大会型ストレンジ。彼はラッシュを止めるために、もうちょっとc.Mを活用するべき。

●ネモのブロック!!!

●一応書いておくと、これは雪辱戦……、ネモはこの前にやったPR Rogとのセットを15-6で勝った。

 ●↑ネモは両セットで彼を倒したな。

●聞いてくれ、“el gato”のストレンジが最高のストレンジだ。……俺はPR Balrogが時折見せるプレイのやり方が好きじゃなくて、あれはほんとに馬鹿げてるっていうか……、例えばアガモットの目を出してる相手の目の前でなぜかバージルの必殺技を使ったり……それはないだろって言いたくなってしまう。あ、あと水を差すつもりはないけど、ネモはEVOで8強には残れないと思う……彼はそこまで突出してはいないから。ただ、この試合は素晴らしかった。
 (訳者注:El Gato≫エル・ガト/アルゼンチンのUMvC3プレイヤー。使用チームは[モードック/Dr.ストレンジ/Dr.ドゥーム]。参考リンク:El Gato-YouTubeチャンネル

 ●↑ネモのストレンジはEl Gatoよりもいいよ。そして実際多くのトッププレイヤー達が、ネモがEVOを制する可能性は大いにあると発言してる……。
 マーヴェルは本当になんでも起こり得る……ゲーム自体の有り様がそうであるように。ほとんどあらゆる人間が8強に勝ち進む可能性がある(去年のInfritやY2Jを思い返してみるといい)。けれどネモは本当に神懸かってて、WongやChrisG、その他のプレイヤーがそうであるのと同様に、彼にもまた優勝する力がある。

 ●↑出口の見えない苦境に立たされたとき、どうするべきだと思う? 少なくともそこから抜け出そうと挑むことだ、めそめそ泣き言を言いながらただ無抵抗に流されるんじゃなくてな。

  ●↑俺が言いたかったのは、泣き言を言うとかそういう話じゃなくて、正しい行動を選択するべきであり、実際にはそうできていなかった、という話だよ……。俺は彼の大ファンだけど、彼は時々つまらないプレイを見せてしまうんだ。

 ●↑俺がちょっと前のコメントで「大会型」ストレンジと書き込んだ理由がそこにある。確かにあちこちにより良いストレンジはたくさん存在してる、でも大規模な大会で彼らを見ることはほとんどない。俺は自分のストレンジ自体は結構良いと思ってるけど、ブロッキングが下手で、他のキャラクターもまるで駄目だから大会にはとても参加できない。D:

●あの時、ネモがももちからウルコンを二度喰らった理由が、今わかった……。
 ボタン押しまくり……、バチ バチ バチ“tap tap tap”
 (訳者注:前日の【勝ちたがり】対【これでどうだ!?】での一戦のこと。正確には、対戦相手はももちではなくマイケルたん。参考動画:TCC#3/準決勝 【勝ちたがり】 vs. 【これでどうだ!?】後半。当該試合は10:25-、コメント訳は前記事に載せています)

●いやー、ネモのストレンジがすごく印象的だった、バージルへの対処がめちゃくちゃ巧み。パチ パチ パチ“clap clap clap”

●15勝目を獲ったときに、春麗がスピニングで花を添えてくれました。

●Balrogのチームには全く興味が湧かない。思考停止の3キャラで、彼のバージルはファクターが無ければ弱い。

●ネモのアガモットのパイを俺はきっと忘れない。




■Gostunv/15本先取戦 PR Balrog vs. クソル

UMVC3 EG PR Balrog vs Kusoru FT15
公開日: 2013/07/07


●俺にとって、クソルが一番見るのが好きなマーヴェルプレイヤー!!! (+9)

●うわ、Balrogはほんとに二流バージル使い“vergil scrub”だな……、毎度出現時には必殺技をぶっ放してAB AB AB連打、もしくは無闇やたらに疾走居合“Rapid Slash”……、なんと無思慮なプレイヤー。
 (訳者注:Rapid Slash≫疾走居合/溜めを作った後、地上を素早く駆け抜け、すれ違いざまに斬り付ける突進技)

 ●↑PR Balrogは、誰にでも使うことを許されているゲーム内の強みを、勝つために使っているに過ぎない。二流“scrub”の対極にいる。二流プレイヤーだけが、「公正さ“fair”」や「高潔さ“honor”」を重んじてプレイするべきだというペラペラの信念とやらで自縄自縛に陥る。

  ●↑君の二流“scrub”についての定義には同意できないな。
 正確には、「公正さ」なんてものは、ひどく壊れて不公平なこのゲームにおいて何の意味も持たない。
 壊れたプレイをするか、でなければ敗れるか;それがMvC3というゲームのプレイのあり方。つまりそう、「公正」であろうと欲するならば、すなわちその人間は負け犬“loser”に甘んじるということ。
 個人的な意見としては loser と scrub は別物だと思ってる(笑)
 二流プレイヤーであればこのゲームでいくらか勝ちを収めることができる、そして皆はそんな彼/彼女のことをイカサマ“FRAUD”と評する :)
 負け犬プレイヤーは自分の好みのプレイなんかに頓着しない。
 笑。

  ●↑おお、ついに scrub の真の意味を知る者が現れたのか……(笑)。感謝する。

●ああいうイカサマめいたバージルが勝つのにはうんざりさせられる。(+2)

 ●↑バージルに対して不用意にアシストを呼ぶべからず……、以上! 俺はあの戦術をもって累々たる戦果を積み上げてきたのだー!

●PRがネモにぼこられたのを見届けて、気持ちよく寝に行けた。

 ●↑15-12をぼこられたって言う?

  ●↑君は見なかったみたいだけど、最初のセットは15-6だったんだよ。君が言ってるのは2セット目の試合で、俺はそっちは見なかったんだけど、やはり彼は負けた。そんで賭けてもいいけど、15-12になった要因は彼のデイウォーカー・バージルだったんじゃないかな?

●ここに書かれてるコメントを見ると、アメリカ勢を応援するのに罪悪感を感じてしまう。

●Rogはイカサマバージルなんかじゃない、バージルはアイアンフィストとは違うんだし、そもそも馬鹿げた戦い方が可能なようにデザインされたキャラクターだ。
 Rogが注力しているわけは、バージルのXファクター適正がずば抜けてるからで、ストライダー使いやフェニックス使いがそうするのと全く同じ理由。
 それから、単に強過ぎるいうだけに収まらず、このゲームを完全に台無しにするいくつかの要素――ぱっと思いついたものを言えば、バージル、ゼロ、ウルヴァリン、ヒドゥンミサイル、ヴァジュラ、TAC永久、なんかについても考えざるを得ない。

●PR Balrogの勝利……、にも関わらず、勝ったのはクソル、という風な気持ちになるのはなんでだろ? ……XDDD

 ●↑「フェア」なチームを使ってるから?

  ●↑マーヴェルにおいては、フェアであることは欠点だけどな。

●色々違ったキャラ達を見られてよかった。

●(訳補:PR Rogの戦い方に)やたら噛み付いてるコメントが多いね。

●19:30は一体何が起きたんだ? バージルはなぜかスナップアウトされなかったけど o_O

●バージルがゲームを壊してるとか、Rogは彼無しじゃ勝てないとか言ってる奴らは俺を笑い死にさせる気か。ウルヴァリンこそが彼のチームの柱だぞ。あと「フェア」なチームだのなんだの言ってる人間は頭が悪い。ありとあらゆるチームがフェアだ。何故か? 誰もが全く同じチームを選択することができるからだよ。負けの言い訳ばかりを並べて強くなれるはずもない。自分のゲームプレイを向上させるのが先だろう。

●クソルはやばいわ。

●クソルのプレイを見るのはすごく面白い。相当悪ふざけしてた気がする。xD

●クソルは最高のプレイヤーではないかもしれないけど、見ていて楽しく、かつ予測がつかない。(+3)

●おいおい、クスロ“kusuro”のチームはダークバージルを相手取ってさえ、存分にせこさを発揮してて、いい感じじゃん……、そんで相変わらず一筋縄じゃいかない性格してる(笑)。

●27:40

●クソルは、多くのプレイヤーが競技シーンにおいてやらないようなことをやってる――最上位キャラ達に依存するのではなく、優れた相乗効果を伴った、型に囚われないチームを貫き通してる。残念ながら彼の遂行能力は、我々の知る他のトップ選手達ほど良くはなく、つまりキャラクター性能ではなく、プレイヤー性能の点で遅れをとっていると言える。
 と色々言ってはみたけど、彼の試合は見ていて素晴らしいと思う。

●アメリカは彼に追いつくのに一年を要したか……。

 ●↑そうじゃない、丸太アシストがどう機能するのかを把握している人間が誰一人いなかった。クソルがFinal Roundを制した要因は唯一それだけだ。(否定評多数)

  ●↑それはいくつかある要因の一つに過ぎないはずだと俺は思う。――たくさんの要素がVジョーと彼の取る行動に関連付けられているということ、――かつて誰も使ったことがなく、誰もが存在すら知らなかった彼の対フェニックス技術、――TACを行うことは、ドゥーム、春麗、マグニートーやセンチネルがチームにいない限り、リスクが大き過ぎると誰もが当然のように考えていた時に、TACによってフランクのレベルを上げるという使い方を見せたこと、――など。




 Justin Wong[ゴーストライダー/ホークアイ/フランク・ウェスト] vs. クソル[クリス/スペンサー/Dr.ドゥーム]戦は、まだコメントがほとんどないため、動画のみ載せておきます。

■Gostunv/4本先取戦 Jutin Wong[GHO/HAW/FRA] vs. クソル[CHR/SPE/DOO]

UMVC3 EG Justin Wong vs Kusoru FT4
公開日: 2013/07/10



 以上です。

 こちらもチャリティカップ同様、EVOの後では時機を逸してしまうと思い、簡単ですが記事にすることにしました。

 EVO2013は、7月12日〜14日にかけて、ラスベガスのカジノホテル「パリス」で開催されます。
 今年のEVOには、日本からも非常に多くのプレイヤーが参加されるそうなので、できればいずれなんらかの形で採り上げられればと思います。

 関連記事|第3回Topangaチャリティカップ 準決勝/決勝
 【上毛新聞(松)】、【勝ちたがり】、【TOPANGA】、【これでどうだ!?】・他の動画から




【UMvC3―最新記事】
posted by trfgs | edit / co | Comment(0) | UMvC3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

TOPに移動▽
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。