2012年10月03日

UMvC3 クソル変則コンボ集
ロケットラクーン,DP殺すマン,Dr.ストレンジ,アイアンマン,ノヴァ・他の動画から

■UMvC3コンボ動画集
 ロケットラクーン エンジェルギフトループコンボ/DP殺すマン・他■


 今回は、UMvC3のコンボ動画からコメントを翻訳しています。いずれも作成はクソルさんです。
 ロケットラクーンの必殺技「エンジェルギフト」を使ったループコンボ/Xファクターコンボ、
 フランク・ウェストの超必殺技「ファニーフェイスクラッシャー」を使った対ダーク・フェニックス技術、
 その他、ビューティフルジョー,ヴァイパー、ドーマムゥ,モードック、ノヴァ/スペンサー/Dr.ストレンジ、アイアンマン、ノヴァの変則コンボなどです。

 貼り付けた動画の数が多いため、パソコンの動作が重くなる可能性があります。ご注意ください。
 コメントはほぼ全訳です。(以下敬称略)





ひたすらギフトループ


●これは凄い。

●この歌覚えてるよ。俺は日本人で今は米国のケンタッキーに住んでるんだ。

●この歌、すごい好き。なんていう歌?(+3)

 ●↑「ロックリバーヘ」っていう、アニメ『あらいぐまラスカル』のオープニング主題歌。
 (参考音楽:OP主題歌「ロックリバーへ」,ED主題歌「おいでラスカル」/歌:大杉久美子,セントメリーチルドレンコーラス,コロムビアゆりかご会

  ●↑ありがとう。

●アメイジング!!!

●今まで見た中で一番のコンボビデオだ。

●この歌はこのビデオにぴったりだな :D

●俺のラクーンじゃ、絶対ここまで上手くできそうない :(

 ●↑その気持ち、よくわかる。
 俺もまずこんなに使いこなせそうにない。はあぁ……。
 たぶん負け犬の思考に陥ってるんだとは思うけど、自分の遂行能力の限界に気づいて、これ以上続けたら腱鞘炎になるんじゃねえかとマジで怖気づいてる(笑)!!! その上、画面端の岩ループ“boulder loop”はめっちゃくそムズいし。

  ●↑まったく同じ人間がここにも。俺はロケットラクーン大好きで彼をいじくり倒してるんだけど、彼を使って出来る最高の芸当といえばチェーンコンボ“magic series”に一つバリエーションを持たせることだけ(笑)!!! (ひどくないか?)。他のキャラほどには、彼に研究の時間を割いてこなかったことは自分でも認める。けど俺は自分の限界を知っていて……そんなストレスや失望感と向き合いたくはないんだよなあ。
 (訳者注:Magic Series≫チェーンコンボ/通常技を特定の順に押すことで連続ヒットするシステム。UMvC3における最も基本的なチェーンコンボは、L>M>H>S。各キャラごとの基本コンボを指す用語“BnB”とは概念のレベルが異なるようです。説明ははこれらのページに詳しく記載されています:What is the Magic Pixel, or Magic Series?/Ultimate Marvel vs Capcom 3/Glossary/UMvC3英英用語集

●ロケットラクーンが、Xファクター無し&アシスト一回だけでソーを倒すって、マジか?

●お前の瞬獄殺を甘んじて受けよう……、そして狂犬ラクーンで倍返し!
 (訳者注:“Raging Demon”と“Rabid Raccoon”が対句のようになっています。「狂狸」では迫力がないので「狂犬」と訳しましたが、ラクーンはアライグマ科アライグマ属、イヌでもタヌキでもありません)

●sugoi

●2:33のところ、"Let's do crouching B"って歌ってんのか?(笑)
 (訳者注:「ラスカルにー」の部分)

●最後の補正切りが腹立つわあ。

●なんじゃこりゃ(笑)!? 日本のヒルビリーミュージック?(笑)?!?!?

●:O

●これヤバすぎだろ!

●そして人はこのキャラをクソだと言う。チッ >_>

●Justin Wongがこれやるのに難儀してなかったっけ?

 ●↑遂行の難しさ“difficulty”が根本的な問題“problem”なんじゃなく、要はトラップを実際に機能させるための立ち回りが問題なんだよ。これはロケットラクーンの最もダメージを稼げるコンボではあるけど、信頼性はめちゃくちゃ低い。

●この音楽+あの岩=神レベル(+2)

●あのスペンサーの択一攻撃/補正切りは超かっこいい。素晴らしいビデオだ。

●誰かがこういうのやってみせるのが大好きだよ。ほんとに誰もプレイしてないようなキャラを使って、そいつがいかに凄いことができるのかを披露して、みんなに俺も使ってみようかなってやる気を起こさせるようなの。

●なんて。ことだ。O_O

●こういうビデオがもっと上がって来れば、すぐこういうセリフを耳にするようになるぞ:「俺は無印の頃からラクーン使い続けてるけどな!」

 ●α↑いや、この手のビデオが増えれば――「ロケットラクーンは最上位、いや! 最強ランクだ、この! 弱くしろよ、これ以上強キャラ達に付き合いきれるか! 弱くしろって!」ってな声を聞くことになるだろうな。みんながウェスカーについて、うじうじ泣き言言ってるのと同じように。

  ●β↑えっ、もしラクーンがウェスカー並の特権を持ってると思ってるんなら、君はこのゲームをやったことないでしょ。
 もしくはウェスカー使いってことで白い目で見られてるとか?

   ●↑話が噛み合ってないぞー。

   ●α↑いいや、全然。
 俺はウェスカー使いじゃないし、だったこともない、そして勝つために彼を使って自分が楽しめる人間だとも思ってない。
 俺は単純に、ロケットラクーン技術の持つ潜在力は、他のキャラクターのようにはいまだ開拓されていない、と言ってるだけ。もちろんウェスカーは「最上位キャラ」だ、けど最上位キャラはどんなゲームにだって存在するもんで、ダーク・フェニックス(特に無印の)ほどには壊れたキャラじゃない。彼ははっきり攻略可能。だから、皆は彼の優位性をオーバーに捉えすぎて、大げさに騒ぎすぎじゃないかと俺は思う。
 言うまでもなく、俺の個人的意見としてだが。

     ●β↑ずばり間違いなくその通りだと思う。
 総合的に考えてみると、ウェスカーに唯一必要なのは少しの体力弱化だと思うけど、一方ロケットラクーンをメインにしていて、エンジェルギフトループを使う人間にとっては、彼のダメージ力は押し上げてやる必要があると思う。
 ラクーンはほとんどの人気キャラに比べると使いこなすのが難し過ぎて、ウェスカーのように広く使われるキャラには絶対になりっこないってことはよくわかってる。

      ●α↑まったく同感。
 ロケットラクーンの習得の険しさに関して、俺が思うにはそれこそが彼により多くのやりがいを与えてる。モリガンについても同じような感触を持ってる。彼女は全然人気が無い、なぜなら以前はみんなが彼女をダメダメだと考えてたからな。今やChris Gの[モリガン/豪鬼/ドゥーム]のチームは猛威を振るっていて、Dieminionの[Vジョー/Dr.ストレンジ/モリガン]のチームも同様。そして誰もが彼女が使えるキャラだと認めるようになった。俺は無印時代から彼女を使い続けていて、最上位や上位に来るようなキャラじゃあないが、俺にとっては十分使いがいがある。「楽しさ」が「序列」を上回ってる“FUN over TIERS"。

       ●β↑ほんとそうだよね。
 俺は下位キャラを好きになることが多くて、だから試合に勝てた時は相手よりも自分の腕の方が上だぜ、っていうような気分になれる:-)

     ●β↑あと、言うまでもないけど、俺は無数のウェスカー/ダンテ/バージルのチームに負かされて相当頭に来てて、もうこういう ;___; 涙目な感じ。
 みんながもうちょっとだけ独創的になったらいいなって、願ってるよ。
  
       ●↑俺はなんで皆がモリガンを駄目キャラだと見なすようになったのかが分からないんだよなぁ。MvC3とTvCで、彼女はダメージを取れるめちゃくちゃ優秀なコンボを持ってたし、ソウルフィスト(訳者注:蝙蝠型の弾を発射する飛び道具技。画面を弾で埋め尽くす“Morrigan spam”と呼ばれる戦術の要となる技)のおかげで豪鬼を凌ぐ空中戦能力だって持ってた。
 俺はロケットラクーンを使うのが大好きだ。どんな相手であっても倒せるたくさんの方法があるし、オンラインでもオフラインでもやりがいを感じてる。ラクーンの唯一の問題点は、他のラクーンプレイヤーと当たった時にコンボを長く伸ばせないことで、だから最後の手段としては、どんぴしゃのポイントを見極めて補正切りを差し込む必要がある。

●個人的にはロケットラクーンとやり合うのは好きじゃないけど、このビデオの素晴らしさは否定できない。このラクーンプレイヤーへ、アンタむちゃくちゃすげーよ!xD(笑)

●けど、このコンボはChris "Boulder Punching" Redfield(“岩パン”のクリス)に通用するんか?(+13)

 ●↑笑。
 (訳者注:UMvC3にも登場しているバイオハザードシリーズのクリス・レッドフィールドは、『バイオハザード5/英題:RESIDENT EVIL 5』の作中で岩と取っ組み合いをする場面があり、そのひたむきな馬鹿馬鹿しさが受けて、Chris “Boulder Punching” Redfieldとあだ名されているようです。参考動画:クリス 対 岩。脈絡が全く分からないにも関わらず、笑ってしまいました)

●おいおい、あの画面端コンボは継ぎ足しつづければずっと機能するのか?

 ●↑もしトラップキャンセルを連続して成功させることができれば、当然相手を倒せる。

●これがいまだに俺の一番お気に入りのYoutubeビデオだよ。






3XFギフトループ


●センチに岩をぶつけるところが好きだ。

●ロケットラクーンはいわなだれをつかった。こうかはばつぐんだ。センチネルはきぜつした。(+4)
 (訳者注:いわなだれ/いわタイプの物理攻撃。追加効果として、30%の確率で相手をひるませる)

●ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーは、彼なくしてはあり得ない。(+4)
 (訳者注:Guardians of the Galaxy/銀河を守るヒーロー集団。昆虫型宇宙人アニヒラスに対抗する)

●すさまじい遂行精度。俺はこのループが、このゲーム内で最も成功難度が高いコンボだと言い切れるけど、他にも同じように思ってる人いる?

 ●↑うん、概ねそう思う。そんでそれこそ、ほとんど誰もロケットラクーンでプレイすることができず、「あのキャラは糞」って言ってる理由だよな:/

●俺のいちばん好きなとこは、最後のしゃがみ強“crouching H”。(+6)

●クソロ?“Kusoro?”
 (訳者注:“Kusoro”は定番の誤記です。もしかしたらわざとなのかもしれません)






DP殺すマン


●あなたはそれを制御することができます!(原文ママ)
 (訳者注:ダーク・フェニックス覚醒時のセリフ“I can't control it…! Dark Phoenix rises!!(制御できない……! ダークフェニックスここに立てり!)”をもじった“You can control it!”をGoogle和訳したものと思います。試してみたところ、この通りに訳されました)

●Double Penetrationの時間だー!(訳者注:Dark Phoenix〔DP〕に掛けています)

●この映像はフランクの日常的にはままあることだから、お気遣いなく。(+5)

●彼女はハルク良い仕事と同じ(原文ママ)

●フランク・ウェストは制御でき――「る」。“Frank West CAN control it.” かっこよすぎるわ。(+18)

●0:27-Final Roundの悪ふざけ。

●嫌い評価が1? Filipino Champかダーク・フェニックスの仕業か?

●コブンヘッドをかぶったダーク・フェニックス
 F.Champを破った戦いは、めっっっっっちゃくちゃ素晴らしかった。あの一日を通して、俺は君のチームが一番好きだったよ。(+23)
 (訳者注:2012年3月、アトランタで開催されたFinal Round XVの対Filipino Champ戦で同技術が成功しました。参考動画:FilipinoChamp vs. クソル戦

●そこなオンナ、彼はゾンビ共と戦っとるんやで……こうなるのが当然の帰結!

●彼女は「ダークフェニックスここに立てり」さえ最後まで言わせてもらえなかったな。

●あの日本人の技術。

●いままで見た中で最高の技だ。






5ストーク


●史上最笑コンボ。

●これが実際の試合で起きたら、ちびる。

 ●↑これH&H(訳者注:HEROES & HERALDSモード/キャラクター性能を拡張し、通常プレイでは不可能なコンボなどを作って遊ぶことができるモード)だぞ。

  ●↑わかってるって、H&Hじゃないなんて誰も言ってないよ。

●ナイス。

●おい、爆笑もんだな、コレ!

●類まれなるバカバカしさ100%コンボxD サムアップ(+4)

●最近見たなかじゃ、いちばん脱力させられるコンボだわ、ははは。(+3)

●ブハハハハ!XD

●このビデオを手短にまとめると:
 1.モードックが空中でドーマムゥのあれを咥えてる。
 2.レイレイが観客に向かって「バイバーイ」と言ってる。

●「燃えさかる俺のケツ」"MY ASS IS ON FIRE"
 (訳者注:Mr. Bungle/ミスター・バングルの曲。参考動画:Mr. Bungle - My Ass is on Fire ライブ






ショッキングダッジ


●ハハハ

●颯爽とかわし、颯爽と吹っ飛ばす。

●彼はVダッヂと爆弾投げを「同時に」やってんの?
 どういうこった?! 通常、Vダッヂ使って、その直後に続けるかたちでしか使えないんじゃないのか。
 彼はコマンドを溜めてた“buffer”のか? ずらし押し“plink”したのか? 俺、ビューティフルジョー使いなんだけど、混乱してる。
 (訳者注:こちら「What does it mean to plink」を読む限り、“plink”は、日本で「ずらし押し」「ずらし目押し」と呼ばれる技術ではないかと思うのですが、自信はないです)

 ●↑俺はジョーをプレイしてないもんだから、君のコメントを目にしなければ、このビデオを素晴らしき時間の無駄だと考えてしまってただろうけど、指摘されてる部分に注目したら、俺にも君の混乱が伝染っちゃったよ(笑)

●たぶん、必殺技の暗転“flash of the super”の合間に溜めてたんじゃないか?

●クソル、お前はビーストだ!:)






ノヴァスペンサーストレンジですっごいの


●ゲージ0で始め……ソーを殺して溜まったのはほぼ1ゲージだけだというのか……、なんてことだ……(+30)

 ●↑コンボを締めくくろうと、スペンサーを呼び寄せるためだけに、彼がわけもなく無駄な七輪“seven rings”(訳者注:Seven Rings of Raggadorr≫ストレンジのHC「ラガドールの七つの輪」)を使ってた点に注意(笑)

  ●↑彼がああしたのは、SOV dhc(訳者注:SoV,Spell of Vishanti≫ストレンジのHC「ヴィシャンティの秘術」)ではソーを倒すのにダメージが足りないからだよ。

 ●↑ソーを倒すまでに、ほぼ2か3ゲージは溜まってたじゃん。どういう意味?

  ●↑うん、俺はあのゲージは常に使われるもんだと思い込んでいたけど、実状は必ずしもそうとは限らない。

 ●↑彼は超必殺技使ったし……。

  ●↑ダメージはなかったよ。

   ●↑そう、あれはDHCだから。超必をキャンセルして他のキャラに繋ぐことで、コンボを継続することが可能になる。

●あのDr.ストレンジのループは永久コンボ? もしくは永久コンボにすることが可能?

 ●↑ものすごーく長いループコンボで……永久ではないね。俺がストレンジを開拓してみせるから、乞うご期待!

  ●↑それは待ち遠しいな。もし君がパームループコンボ(訳者注:インパクトパーム/光る拳で殴る特殊技。受身不能時間が長く、ストレンジのコンボの要となる)を極めたら、馬鹿げた量のゲージも作れるし、ストレンジはむちゃくちゃ脅威のキャラになるよ。

●ザ・Dr.ストレンジ・ソング。全体の配列が一体感のあるビート“tight beat”を刻んでるように聞こえる……、インパク ちーん インパクパー インパク ちーん インパッパー……^_^(+15)

 ●↑フッダイ・ソナタ“Foot Dive Sonata”ほどではないぜ。

  ●↑ドゥームは大嫌いだよ。今ラジオでさんざん流されてる歌“outplayed song”みたいだし(笑)
 (訳者注:ドゥームのコンボ中の“Foot Dive”という台詞の連なりが歌のように聞こえる、というのは国に関わらず面白がられているようです)

●あのスペンサーの七輪。“The seven rings of Spencer.”

 ●↑スペンサーの七輪“SEVEN RINGS OF SPENCER”

  ●↑スペンサーの輪“RINGS OF SPENCER”
 (訳者注:これらは何かの言葉遊びかもしれませんが、意味はよくわかりませんでした)

●うわあ、0:33がすげえやばい……もしあれが俺にヒットしたら、女の子みたいに叫んじゃうだろうな。

●難易度:ハード 理由)スペンサーのアームプレイとストレンジのループ
 個人的評価。

●彼は3キャラ全て単体コンボ“single combo”で使った。

 ●↑いや、違う。

●ノヴァ、雄々しく打つ。

●みんながそんなに驚いてるのは、どこに注目してのこと? 何ヶ月か前に、あのDr.ストレンジのコンボがゲージ0から200万ダメージ出したのを、誰も覚えてないの?

 ●↑覚えてるよ、Dr.ストレンジはあり得ないくらいのビーストだ。たとえ、これの難易度が常軌を逸して見えるとしても。このコンボを絶え間なく当て続けるのは、誰にとってもものすごい挑戦だっていう風に見えるからじゃないかと思うよ、俺は。

●これ、めちゃくちゃ良いな!






完走


●戦闘力9000超え!!!“its over 9000!!!”(+3)
 (訳者注:ドラゴンボールに由来する決まり文句)

●これは大変興味深い。ノックダウンの後、永久コンボ、そして総ダメージとヒット数が限界値に達するまで実際にやり続けたわけだ。うん、頭おかしい“Crazy”。

●高速中キックが好きすぎる(笑)

●これで関節炎まっしぐらか? ていうのは冗談だけど、ハハ。

●ジ・アベンジャーズの作中で、森の中でソーと戦ったののしっぺ返しだな、これは。xD

●うんそうだね、君はもう十分にゲージを溜めてると思うんだよね。

●至高の技術!

●アイアンマンがいつも1:11ぐらい素早く動けたなら、偉大なヤツになれただろうに。:D

●ウケる(笑)

●ダメージが限界に達する寸前で、彼がコンボを落とさないかなーって、ちょっと期待するような気持ちがあったんだけど、当然彼の腕は驚異的だし、俺が間違ってたと証明してくれたよ。XD

●unstoppable
 (訳者注:UMvC3は、コンボ終了時に、ヒット数に応じた音声付メッセージが表示される。
 [UNSTOPPABLE!≫200HITS以上][GALACTIC!≫111〜199]
 [CRAZY!≫101〜110][UNCANNY!≫91〜100]
 [MARVELOUS!≫82〜90][MIGHTY!≫75〜81]
 [INCREDIBLE!≫65〜74][AMAZING!≫56〜64]
 [FANTASTIC!≫50〜55][STYLISH!≫43〜49]
 [EXCELLENT!≫36〜42][VIEWTIFUL!≫31〜35]
 [WONDERFUL!≫26〜30][AWESOME!≫21〜25]
 [SWEET!≫17〜20][DUDE!≫13〜16]
 [GREAT!≫10〜12][GOOD!≫7〜9]
 [COOL!≫5〜6][YES!≫3〜4])

 ●↑俺が間違ってなければだけど、アナウンサーは“Galactic”と言ってるよ。

  ●↑や、彼は確かに“Unstoppable”って言ってた、あれは通常200ヒットを超えると発生するから。

●えええ、君がコンボをフィニッシュしたときにアナウンサーがなんて言うのか、俺は聴きたかったのに。(+3)






パワーオブザくだらないネタ


●なんじゃこの妖術はああああああああああああ(+34)

 ●↑日本人。

 ●↑妖術? ふふん、これはパワー・オブ・ザ・ノヴァ・フォースなのだよ。

●すばらしくいい仕事してる。

●あのノヴァ。

●どなたか、説明求ム。

 ●↑Infritが“Nova Elite Corps”と呼んでるコンボをチェックしてくるといいよ。それを見れば全て納得がいくはず。(訳者注:Infrit≫インフリット/米国のプロプレイヤー。[ノヴァ/スペンサー/センチネル]チームでEVO2012 UMvC3部門準優勝。参考動画:Nova Elite Corps

●なんだこれ。

●なんやこれ。

●でかした、我々は今ロマン・キャンセルを手にしたぞ。(+28)
 (訳者注:ロマン・キャンセル/ゲージを50%消費することで硬直をキャンセルする、ギルティギアのシステム)

●で、っていうね。“So how do”

●広範囲“aoe”必殺技(訳者注:AoE≫Area of Effectの略。広範囲に及ぶ、の意)を地面から離れる瞬間に使うことで、それ自体をキャンセルしてるとかなんとか。

 ●γ↑彼の必殺技は全部広範囲技だろ、まぬけ。このゲームの必殺技のほとんどがそう。

  ●δ↑何言ってる? (訳補:ノヴァの超必殺技は)一つは広範囲技、一つはビーム技、一つはラッシュ技だ。君は無知なのか荒らしなのか、それとも何か勘違いしてないか?

   ●γ↑アホぬかせ。あれらは全部、複数の攻撃判定“hitboxes”を持ってるんだから、すなわち全部広範囲技だろ。それに唯一属さないのは投げ属性の必殺技で、例えばバイオニックマニューバーがそう。AoEは「area of effect」の意味で、つまり複数の攻撃判定が存在するってことだ。

    ●δ↑複数の攻撃判定がAoEだってんなら、なんでウェスカーの銃は一人のキャラにしかヒットしない?

     ●γ↑あの銃撃は広範囲技じゃない。あれは飛び道具技で、他の多くの飛び道具と同じ特性を持ってる。俺があれら全ては複数の攻撃判定を持つ、と言ってるのは、ノヴァの持つ全必殺技について話してるんだよ。

      ●↑じゃあ、なぜダンテのコールドシャワー(訳者注:斜め下に銃を連射するダウン拾い飛び道具技)は、サイズの近いキャラが互いに近い位置にいた場合、その両方にヒットする? 一人のキャラにしかヒットしないんだろ? なあ、威勢のいいあんちゃん?
 AoEってのは、彼の超必を表現するために使うのには全く妥当な用語だ。そしてお前さんが複数の攻撃判定を持つことがAoEだと指摘しようとしてるのは、相当バカっぽい。

●彼は必殺技を使い、それをXFCingすることで彼を空中に浮かせ、空中必殺技を使うことで空中キャンセルしてる。最後のひとつは、アドバンシングガードに重ねることで特定動作をキャンセルするという彼の能力を使って、変ちくりんなXFCコンボに繋ぎ、「もしその必殺技が入力されたとき、地面のすぐ近くにいたなら、それは着地することによってキャンセルされる」という事象を使ってる。

 ●↑センチュリオンラッシュ・中を使えば簡単にキャンセルできるよ。そして最後のヒット時にスーパーノヴァを使う、するとキャンセルされるから、Xファクター無しにいける。
 (訳者注:中センチュリオンラッシュ/ジャンプして斜めに急降下キックする技。
 スーパーノヴァ/体を中心に球体状の攻撃フィールドを発生させる超必殺技)

 ●↑君の言うXFCingは、X-Factoringのことね。

●我がゲージに一片の価値無し。

●これら全てのキャンセルはノヴァ・フォースの賜物なのだ!
 (訳者注:ノヴァ・フォース/宇宙人ローマン・デイから、リチャード・ライダー(ノヴァ)に授けられた宇宙戦士としての力)

●このビデオを見る前までは、ノヴァのことを平均ラインよりも上に来るキャラではないと思い込んでいた。そして今、ノヴァの発揮したものを目にして、自分のノヴァに対する位置づけ評価を再考させられそうだ。よくやった、日本人! :)

 ●↑実は、彼がこのビデオの中で披露してるのは、Infritのノヴァ技術をベースにしたものなんだ。

●なんじゃこりゃー。

●一体何なんだよ、これは??

●“中センチュリオンラッシュ:キャンセルして必殺技に繋ぐ際、ノヴァが地面のすぐ上にいると、その勢いに従って自ずからキャンセルが発生し、ノヴァを中立状態“neutral state”のままに留めおく。”−LXG|Infrit

●例のInfritテクか。

●なぜ俺は、これらセンチュリオンを抑えることができないのか?(+6)

●ブレイブルーかよ!o.o

●CENTURION RUSH CENTURION RUSH CENTURION RUSH CENTURION RUSH CENTURION RUSH CENTURION RUSH CENTURION RUSH CENTURION RUSH CENTURION RUSH CENTURION RUSH CENTURION RUSH CENTURION RUSH CENTURION RUSH CENTURION RUSH CENTURION RUSH CENTURION RUSH CENTURION RUSH CENTURION RUSH CENTURION RUSH CENTURION RUSH

●これ、どうやったんだ!?!?!?

●えーっと、ノヴァはそれがまだ始まってさえいない内に必殺技をキャンセルすることができると。これって使い道あるの?

●妖・術

●なんつー、くだらねええ。

●面白いなぁ。俺が最初にコメント欄を読もうとしたとき、50人以上の人がコメントを残してて、最新のやつとほぼ半分近くのコメントが一言目にはこう言ってる。「なんだこれ」

●いままで見たなかで最も優れたゲージの使い方だな。

●これはギルティギアじゃねえんだぞ!
 一体ここで何が起きてるんだ?!

●俺達はいまGGをプレイしてるのか? そりゃ良かった。

●何ヶ月か前にInfritがこれ発見してなかったっけ?

●Google翻訳によると、動画に付いた説明文はこうだ:
 "Gauge broth of greed! Nova-chan did it!
 I actually foregoing or
 I have allowed sound is Komo~tsu"
 (訳者注:この英訳を読む感覚は、この英訳をさらにGoogle和訳したものを読む感覚に近いのではないかと思い、再翻訳にかけてみたのが以下です。
 「欲のブロスを測る! ノヴァちゃんはそれをやった!
 私は実際に上記又は、
 私が許可している音がコモ〜津です」)



 以上です。

 クソルさんは、定期的に変わったコンボ動画を上げられているようで、他にもたくさんありました。
 そのうちのいくつかです。

 冒頭の動画の、ロケットラクーンがハイパーコンボでダウンを奪った後の「うっし!」という決めポーズが可愛かったのが、採り上げてみようと思ったきっかけです。
 調べてみると原作のロケットラクーンはかなり眼光鋭く、歴戦の傭兵といった雰囲気で、ゲームでは頭身を低めに黒目を大きく、やや愛らしく作っているようです。そのせいか、最初の頃はマーヴェルサイドではなく、カプコンサイドのキャラクターかと思って見ていました。

 フェニックスの覚醒を許すと勝てる確率が著しく下がってしまうため、DP覚醒の瞬間に倒す、という試みが様々に研究されていて、「DP殺すマン」はそうした技術の象徴/総称になっているようです(アクションゲーム『デッドライジング』からUMvC3に参戦しているフランク・ウェストは、原作では群がるゾンビをものともせずに図太く生き抜くジャーナリストであるため、一度倒しても蘇る敵にとどめを刺す、という点で、二重に気の利いたものになっています)。最新動画の「ABEGENプレゼンツ」も同じ概念のもとに作られています。ロケットラクーンと「DP殺すマン」はFinal Round XVの実戦で見事にDPを倒すことになるのですが、動画の統計情報を見ると、大会優勝後に視聴数が跳ね上がっています。

 今回は、ノヴァの動画で「なにこれ」の合唱が起きていたのが可笑しかったです。
 FRXVのギルティギア決勝で聞いた、St1ckbugさんの「What...? Why?」という実況が聞こえてくるようでした。

 |関連記事:Final Round XVにおけるクソル選手のハイライト動画から
 |関連記事:UMvC3 クソル変則コンボA “HAPPY NEW YEAR”コンボの動画から



 前記事を読んだ友人から、記事が探しにくいし、読みにくい、なによりせっかく巨乳の話題が出ているのに参考動画も画像すらもないなんて、ひどい仕打ちだ! 血も涙もないのか! と抗議のメールが来たため、レイアウトを少しいじってみている最中です。不慣れなので、もし表示の異常やリンクミスなどがありましたら、お手数ですがお知らせください。

 DOA5の動画もがんばって探してみたので載せておきます。揺れ方に迫力があります。
 ティナ勝利ポーズ/リサ勝利ポーズ/クリスティ負けポーズ/ティナコスチューム/レイファンコスチューム/ミラTrailer/かすみ対あやねTrailer
 発売から数日にも関わらず、対戦動画以外の、局所的に力の入った動画がたくさん上がっていました。
 うべなるかな、です。

 画像については、自分自身が記事を読む際に画像が挟まれていると煩わしいと感じてしまう性質なので(引っ張ってきても問題ない画像かどうかの判断も難しいので)、味気ないかもしれませんが、なるべく文章だけにしたいと思っています。




【UMvC3―最新記事】
posted by trfgs | edit / co | Comment(0) | UMvC3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

TOPに移動▽
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。