2012年06月14日

Final Round XV GGXXAC+部門決勝 SteveH(カイ) vs. クソル(ソル)の動画から

■FRXV GGXXAC+部門決勝 SteveH vs. クソル戦■

 2012年3月、米国で開催された格闘ゲームの大会Final Round XV。
 そこで行われた、ギルティギア・イグゼクス・アクセントコア・プラス(GGXXAC+)部門決勝の動画からコメントを翻訳しています。
 UMvC3部門とともに、日本から参加されたクソル選手が決勝進出を果たしました。(以下敬称略)
 |関連記事:Final Round XV UMvC3部門決勝 クソル vs. PR Balrogの動画から
 



Final Round XV Guilty Gear Accent Core Grand Finals SteveH vs Kusoru
公開日:2012/03/05


●すさまじい試合だったな。(+4)

●2k RC 2k RC ぶっきらぼうに投げる
 過去最高に高価な、上手い当て投げ“tic throw”(+25)
(訳者注:2:43にて、足払い2回から投げて、満タンあったゲージを一気に使い切った部分。9:03でも似た場面があり、前者では「なんで?!“Why?!”」、後者では「さっき見たぞこれ!“Deja vu!”」と実況者が言っています。ぶっきらぼうに投げる、は「ぶっきらぼうに投げる」という名前の投げ技です。
 RC≫ロマンキャンセル/テンションゲージを50%消費することで硬直をキャンセルし、即座に次の行動を起こすことができる特殊なシステム)

 ●↑あれは、2D RC 2D 2D RC コマンド投げ、だと思う。
 でもイェー! すげえ盛り上がった!!!!

 ●↑2Dだね。

  ●↑俺はGGを始めて3ヶ月程で、まだよくわかってないんだ、はは。訂正ありがとう。

 ●↑訂正。正しくは、2D RC 2D RC コマ投げ。
 彼はGG界ではめちゃくちゃ威勢がよく、なおかつ巧妙なプレイヤーとして知られてる。SteveHのプライドが風前の灯火で、負けて弱気になってるのが見て取れたけど、第二セットでクソルが彼をダウンロードした“kusoru had him downloaded”ように見えた。でもとても楽しめたし、SteveHのカイからはいつも学ぶべき新しいトリックがあるね。

●素晴らしさ満載。
 特に、2:34 4:35 9:15 11:50。

●これがアップロードされるの待ってたよ。即お気に入り登録。クソルはやばすぎる。

●おいおい、クソルはどれだけ玉ぶらさげてるんだよ。(訳者注:度胸がありすぎるの意)

●まいったな、Final Round全体通してもクソルから1セット獲れたのはSteveHだけだったのか?

●10:03-ライオットスタンプ>FRC>グランドヴァイパー、めちゃくちゃ古典的な手だな。
 あれをやるために、彼は全体としてテンションゲージが25%溜まるのを待っていた。
(訳者注:ライオットスタンプ/壁を蹴って相手に飛び蹴りする技。グランドヴァイパー/地面を這うように突進し、相手を打ち上げる技。
 FRC≫フォースロマンキャンセル/ゲージを25%消費することで、硬直をキャンセルするシステム。汎用性が高いが、RCと異なり使用可能な技・タイミングが限定されるため、難易度が高いとされる)

 ●↑そうじゃない。彼はライオットスタンプを使って、SteveHがあれらを対空“AA”できると考えるように仕向けたんだ。

●盛り上がる試合だった。最初こそ互角のように見えたが、Steveはだんだんクソルに対して打つ手を使い果たしていくようだった。
 そしてある時点で、クソルは彼の揺さぶりをブロックしていき、彼はミスを犯すようになった。
 結局は、懐により多くのトリックを抱えている者が勝ったというように思える。(+3)

●白人の実況者が、ガールフレンドかなにかみたいにSteveHを応援してるのがすごく可笑しい :))))(+65)

 ●↑アメリカに日本を倒してほしかったんだと思うな。でもたしかに、ファンボーイが応援してるみたいに聞こえた。

 ●↑うーん、違うんだよ。彼はst1ckbugといって、GGとブレイブルー(BB)のコミュニティではハイプな男としてとてもよく知られてるんだ。彼が熱烈にSteveHを応援しないわけがないよ、北アメリカは日本を意識してるから。他のゲームで日本から来た誰かと誰かが対戦するときと同じことだよ、みんな外国から来た敵のインベーダーじゃくて、地元のヒーローに肩入れする、みたいな。xD
(訳者注:眼鏡をかけている方の実況者St1ckbug氏は、GGやBBの動画配信や情報発信を行っていることで、プレイヤー間ではよく知られた方のようです。stickbugとは昆虫ナナフシのこと)

  ●↑まあそうかもしれないけど、彼はなんか熱狂的ファンのマニアか何かみたいだよねxD ちょっと大げさすぎる気がするxP

 ●↑典型的な「行ったれ、アメリカ」精神。なんにせよ面白い(笑)

●右の実況者はずっと馬鹿ウケしてんな。

●これはFinal Roundで一番盛り上がった部分なのに、誰もこのゲームをプレイしていないんだよな。こんな世の中なんて、ばかやろー。

●最初のセットを落とした後、クソルは荒らしのギアを強く入れた。

●見た感じどうも、この実況陣はいままでクソルの試合見たことないんちゃうか。(+2)

●でもってメガネの実況にはまじでアホかと言いたい。もし彼が、あのクソルが真面目にプレイしてると思ってるならなおのこと。
 あのヤジを要約するとこう、「自由の地アメリカへようこそ」(+23)

●これ見たらマジでまたGGやりたくなった。でも彼らのレベルには遠く及ばないんだよなあ :(

●左のコメンテイター、黙らっしゃい。(+5)

●GGをプレイしてない俺でさえ、興奮した。(+9)

●「ヒット硬直中の必殺技連打。ジャパン!」
 “He was mashing super...in hitstun. JAPAN!”

●これら実況解説者達が無償の有志だってことはわかってる、でもプロ意識はどこにいったんだ? 「アメリカだぞ!」だって? 本気かよ?(+4)

 ●↑異様に盛り上がってるのは片方だけなんだよな(笑)。

●このゲームがまだこうしてプレイされてるのは嬉しいよ、ギルティギアほんとに大好きだ!

●俺はいままでこのゲームをやったことはないし、大会でのプレイを見たこともない。が、すっげえなこのゲーム、超いいよ!

 ●↑確かアクセントコアの稼動は2005年からだと記憶してるが。君が見たことがないものを驚くべきじゃないよ(笑)

●クソル、格闘ゲームコミュニティに関して言えば、君が俺の新しいアイドルだ。まず俺の尊敬するプレイヤー達をUMvC3で全員薙ぎ倒した。それから、いつだって俺の中で一番のお気に入りのゲームをプレイしてる、それがギルティギア。さらに俺一押しのキャラ、ソルを使ってると来てる。君に称賛を送る。俺の敬意を受け取ってくれ。(+4)

●ライオットスタンプ>FRC>グランドヴァイパー? 最高な6pの釣りだな! 超すごい。

●実況
 「えええええ(笑)、マジかよ、見たかいまの? マジかあああ」
 “LOOOL OMMMGGGGGGG LOOK? AT HIMMMM OMMMMGGGG”
 12:18-12:23

●これは別に米国vs日本の戦争じゃないんだし、ただのゲームだぞ。国の威信を賭けてプレイしてるわけじゃなし、自国と他国の対決みたいに振舞うのは残念だよ、馬鹿らしい。

●くたばれ、ブレイブルー。

●12:01のドラゴンインストールはすげー。
(訳者注:一定時間、能力を強化するソルの必殺技)

●ってことは……クソルはFRXVで、UMvC3とGGACの二冠か?! :D 彼は俺の個人的なヒーローだ。

●誤導するタイトルだ。これはGGACじゃない。GGAC+だ。ACではジャスティスとクリフを使えない、でもキャラクター選択画面では彼らを見ることができる。クリフはアクセル=ロウの上に、ジャスティスはイノの上に居る。
 この試合の問題は、率直に言えば、ソルは概してカイに速さで劣ることだ(概して、というのは必ずそうだ、という意味じゃない。プレイヤーに依る)。カイは速いコンボを決めることでき、大抵の場合ソル側に不利だ。

●俺って相変わらずギルティギアは不得意なんだよね-_-....すごくいいゲームなんだけど。

●すごく良かった。そんで俺はこっちでX2をプレイしてる。

●そしてクソルは決勝で再び中位キャラをぶつけてきた……。だがカイという、このゲームでひどく弱化されたキャラクターを使ったSteveにも称賛を送りたい(主にダメージ能力の点ではソルにさえ劣る)。エディも、スレイヤーも、メイも、紗夢も、クソルを倒せなかったことに私は驚かされた。彼はGGこそ最もバランスの取れた格闘ゲームだということを証明しようとしているように私には思える、鉄拳がそうであるように。

●オーマイガSteveh、オーマイガSteveh、オーマイガSteveh、オーマイガSteveh、オーマイガSteveh アイ アイ アイ アイ アイ アイ アイ(+2)

●このビデオを見ると……アジアの文化が自足することを好む理由がわかる気がする……。(+4)

●あの非常識な白人さんは誰やねん?

●St1ckbugのことも知らないとは、どうしようもねえ奴らだな。

●ちなみにEXキャラも大会で使ってOKなの?

●ギルティギアやブレイブルーの大会選手を見ると、自分がものすごく初心者みたいに感じさせられる……。



 以上です。
 
 この動画でギルティギアというゲームを初めて見ました。
 コンボがどんどん繋がるところは(そういうシーンでは大抵周りも沸くので)単純にかっこいいと思います。
 「クソル」というプレイヤー名の由来とされるソルというキャラクターは、スピードで撹乱するタイプのキャラクターかと思いましたが、実際はそういうわけでもないようです。

 国内外を問わず、ギルティギアでは、クソル選手は非常によく知られた名物選手のようですので、「相変わらずだな」という感じのコメントが多かったです。UMvC3の決勝と違い、対戦会場もこぢんまりした雰囲気でしたが、観客との距離も近く、却ってこちらの試合のほうがみんな和気藹々と楽しく盛り上がっているような印象を受けました。
 目立っていた実況者については、もともと有名な方のようでいくつかフォローするコメントもありました。

 追記:ごく最近(2012年6月)、2008年以来となる最新作『GUILTY GEAR XX ΛCORE PLUS R』(ギルティギア・イグゼクス・アクセントコア・プラスアール)』のロケーションテストが行われたそうです。

【GG―最新記事】
posted by trfgs | edit / co | Comment(1) | GG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すげー丁寧な翻訳
あの実況の人面白くて好きだけどなあw
Posted by emanon at 2012年11月27日 08:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

TOPに移動▽
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。